FC2ブログ
【隠し棚】悠太郎の秘密帳
シルバーレインで活動している 「有栖悠太郎」の隠しブログ? シルバーレインと有栖悠太郎を知らない方は バックプリーズ?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有栖家の日常~アバウトファミリー~
こんにちは、背後です。
今日は悠太郎の過去話その1
「悠太郎、銀誓館学園の入学権ゲット」をお送りします。

言ってしまうと、この背後、文才ありません。
読みにくいかもしれませんが、許して欲しいな?


では、悠太郎の過去話に行く前に
言っておかなくてはいけない事があります。

悠太郎の家は田舎(東北の地方)です。(ステータスの生まれ参照)
ついでにママさんが悠太郎と同じタイプの能力者です。
そんでもって、有栖家は4人兄弟です。
登場人物として簡単に紹介します。

登場人物↓(年齢順)
【・苗字 名前(ポジション(?)】

・有栖 ユマエル(ママ)
・有栖 要(長女)
・有栖 悠太郎(長男)
・有栖 坂太郎(次男)
・有栖 ゆか(次女)

パパはお買い物に行ってます。

いらない補足として
【年齢と誕生日】
ママ→歳:秘密 誕生日:9/21(乙女座)
要→歳:悠太郎の二つ上 誕生日:11/5(さそり座)
悠太郎:ステータス参照
坂太郎:悠太郎の11ヶ月下(同学年) 誕生日:3/31(おひつじ座)
ゆか:悠太郎の二つ下 誕生日:5/19(おうし座)

簡単に表記すると
2007/04/04現在
ママ:秘密
要:15歳
悠太郎:13歳
坂太郎:13歳
ゆか:11歳

こんな感じです。
いらん説明増えてしまった…。
それでは、悠太郎の過去へ…タイムスリップ!

【有栖家はアバウト】

「うおっしゃー!!!!」
某県某村有栖家より、雄叫びが響いた


10分前――


「はい、みんなー集合だよー?」
有栖家の母、ユマエルの呼びかけにより
子供達は居間に集まった。
「何?お母さん?」
「あれ?お父さんはー?」
「勉強中だったんだけど…」
「みにゃー」

上から長女にして一番年上の要(かなめ)
次女にして末っ子のゆか
次男の坂太郎(さかたろう)
長男の悠太郎(ゆうたろう)である。
「はい、皆ちゃんと集まって偉いわねー
悠ちゃん、猫変身ときなさいね?
あぁ、お父さんなら、買い物に行ってるわー
それでねー、みんな、銀誓館学園って知ってる?」

ユマエルが子供達に返事?をしながら、のんびりと話を進める
「えっとねー?なんて言ったら良いのかしら…
その銀誓館学園にねー?一人だけ行けるのよー…
だから、誰が行くか、くじで決めたいのよー」

いきなりの事に戸惑う子供達
「は?え?何?銀誓館学園…?」
「えっと、確かそこって大きな都会の学園よね?」
「え?マジ?おっきいの?都会なの?」
「しかも、偏差値高いとか何とか…」
「ゆか、都会行きたいけど一人はやだー!」
「俺は行きたい」
「あ、俺も行ってみたい!」
「私は、どっちでも良いわ」

ちなみに上から
悠太郎→要→悠太郎→坂太郎→
ゆか→坂太郎→悠太郎→要である
「うーんとねー?行きたい行きたくないは別としてー
みんなに、くじ引いてもらうからねー?」

と、ユマエル母さん
「え?マジ?もし全員が行きたくないって言っても
強制だったって話?」
「うーん、そういうことかなー?」

何とも素晴らしいお母さんである

くじ引き大会がそんなわけで始まり―

「よし、俺はこれ!」
「ゆかはこれー♪」
「俺は、こっち」
「私はこれでいいわ」
「「「「いっせーの!」」」」

ちなみにくじを選ぶ順番はじゃんけんで決めたらしい
掛け声と共にみんな同じタイミングでくじを引き…

「うおっしゃー!!」
冒頭に戻る訳である
当たりくじを引いたのは長男の悠太郎だった
「うわーん、お兄ちゃん都会行っちゃうのー?」
「ゆか、俺は皆を代表して都会を満喫…
改め都会の厳しさを味わってくるんだ…。」
「本音がチラリズムしてるわよ、弟。」
「くそ、俺が行きたかった…」

三者三様な反応である…この場合は四者四様か…?

そんなわけで悠太郎は銀誓館学園入学権ゲット
何ともお気楽決まり方だった

「待ってろ都会!じゃなかった、銀誓館学園!」


END?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alice0no0name.blog98.fc2.com/tb.php/10-be3b1aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。